Durch die Nutzung dieser Website stimmen Sie der Verwendung von Cookies und der Datenschutzerklärung zu. Ich stimme zu.
Close
Mehler Achler Patentanwälte
マティーアス・アハラー

マティーアス・アハラー

理学博士、物理学士

ドイツ弁理士、欧州特許庁および欧州連合知的財産庁(所在地スペインのアリカンテ)にて認可される

1966年、フランクフルト・アム・マインに生まれる

1985年より1988年まで、機械工となるための教育および職業訓練を受ける

フランクフルト・アム・マインのヨーハン・ヴォルフガン・ゲーテ大学で物理学を学び、1995年、超音波顕微鏡法を主として固体物理学の分野で学士号を取得、1999年、原子物理学の分野で博士号を取得

1999年以降、工業所有権法の分野で活動

2002年より、弁理士および欧州連合知的財産庁にて認可された代理人ならびに2004年より欧州特許庁にて認可された代理人

メーラー・アハラー特許事務所の設立メンバー

専門分野

物理学、光学、音響学、原子物理学、光学式データ媒体、半導体記憶装置、電気通信、機械工学、車両技術、ガラス技術

加盟団体

ドイツ弁理士会、対欧州特許庁代理人協会(epi)、国際工業所有権代理人連盟(PICPI),ドイツ工業所有権・著作権保護協会(GRUR)、ドイツ弁理士連邦連盟

クラウス・メーラー

弁理士

マティーアス・アハラー

弁理士

クラウディア・ベッテンドルフ

弁護士

ニールス・トビアス・エルツェンハイム

特許技術者

マティアス・ヨーゼフ・モルビツァ

弁理士候補

ロミーナ・ビアンキ

事務職員

カトレーン・ヴォスニアック

事務職員

ベアーテ・ヒューブナー

事務職員

ゾンヤー・ウンバッハライン

事務職員

ジークリンデ・クバッストシュタイン

事務職員