Durch die Nutzung dieser Website stimmen Sie der Verwendung von Cookies und der Datenschutzerklärung zu. Ich stimme zu.
Close
Mehler Achler Patentanwälte
ニールス・トビアス・エルツェンハイム

ニールス・トビアス・エルツェンハイム

特許工学学士、機械工学修士

特許技術者

1986年バード・ゾーデン・アム・タウヌスに生まれる

アムベルク・ヴァデン大学で2005年より2010年まで特許技術学を学び、アイデア管理をテーマとした学位論文で学士号を取得

2010年より2013年まで、ミュンヘンにおける二つの特許事務所にて特許技術者として活動

ブラウンシュヴァイグ工科大学で2013年より2016年まで機械工学を学び、修士論文をDLC(diamond-like carbon)層に対するポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の摩擦特性についての修士論文で修士号を取得

2015年より2016年まで、ブラウンシュヴァイグにてフラウンホーファー機構の層及び表面研究所(IST)で研究助手として活動

専門分野

工学、製造システム工学、自動車技術、工作機械、消火技術、トラクタ農業機械、層及び表面技術、蒸着方法(PVD、CVD、PACVD)、摩擦学

クラウス・メーラー

弁理士

マティーアス・アハラー

弁理士

クラウディア・ベッテンドルフ

弁護士

ニールス・トビアス・エルツェンハイム

特許技術者

マティアス・ヨーゼフ・モルビツァ

弁理士候補

ロミーナ・ビアンキ

事務職員

カトレーン・ヴォスニアック

事務職員

ベアーテ・ヒューブナー

事務職員

ゾンヤー・ウンバッハライン

事務職員

ジークリンデ・クバッストシュタイン

事務職員