Mehler Achler Patentanwälte
クラウス・メーラー

クラウス・メーラー

理学博士・物理学士

ドイツ弁理士、欧州特許庁および欧州連合知的財産庁(所在地スペインのアリカンテ)にて認可される

マインツ大学で物理学を学び、高分子物理学の分野で博士号を取得する

1988年より弁理士、1989年より対欧州特許庁公認代理人

1987年よりFUCHS特許事務所にて勤務 1990年より2011年までパートナー

メーラー・アハラー特許事務所の設立メンバー

1997年および1998年、ドイツ弁理士試験委員会の委員

共著:「知的財産、法律用語辞書、英-中・中-英」

専門分野

物理学、高分子物理学、プロセス工学、機械工学、自動車両および貨物車両の技術、マイクロ・テクノロジー、濾過技術、平軸受技術、ガラス技術

加盟団体

ドイツ弁理士会、対欧州特許庁代理人協会(epi)、国際工業所有権代理人連盟(FICPI),ドイツ工業所有権・著作権保護協会(GRUR)、ドイツ弁理士連邦連盟

クラウス・メーラー

弁理士

マティーアス・アハラー

弁理士

クラウディア・ベッテンドルフ

弁護士

ニールス・トビアス・エルツェンハイム

特許技術者

カトレーン・ヴォスニアック

事務職員

ベアーテ・ヒューブナー

事務職員

ジークリンデ・クバッストシュタイン

事務職員